相模原どこ竹とんぼ会

アクセスカウンタ

zoom RSS どこ竹リーダー会 第一回総会・交流会参加

<<   作成日時 : 2006/10/28 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月28日どこ竹リーダー会 第一回総会・交流会参加報告

2006年10月28日
相模原どこ竹とんぼ会 事務局 鮎川 宜正


概要議事録にて報告します。

どこ竹リーダー会 第一回総会・交流会 議事録
記録者:鮎川宜正 木室進市
2006年11月2日作成:幹事 堀池喜一郎

画像

日時:2006年10月28日(土) 13時半〜16時半
場所:葛飾区男女平等推進センター(ウィメンズパル)3階会議室
1.第一部 堀池喜一郎幹事による活動報告 13:30〜14:00
・東京新聞27日「どこ竹リーダー会第一回総会・交流会」の紹介記事のコピー配布と紹介。
・スタート時の思いとその後の活動実技講座・教室・運営・営業等。画像

・「文部科学大臣賞受賞」武蔵野三鷹ケーブルテレビニュース番組放映
2.参加者各人の活動状況と思いを一言 14:00〜15:00
  24名各人から活動状況の発表が行われた
3.第三部 新しい工作の紹介  15:00〜15:35

@クラフト紙の竹とんぼ(講師:小山)
A歌舞伎の擬音「鈴虫笛」(講師:片田)
B沖縄の星ころ(講師:片田)画像

4.第四部 意見交換会 15:45〜16:25
T..堀池幹事から以下の通り「2007年のどこ竹リーダー会基本方針案」の説明があった。
-----------------------------
●「2007年度に決めて改善すること」以下、委員会の構成。細目省略
1)工作技術・認定講座開発委員会
2)教室運営開発委員会
3)(会則、地域グループ、幹事会、事務局、ホームページ)運営開発委員会
4)地域。企業連携開発委員会

組織変更 (幹事が考えている案)
●2007年度の組織(案):細目省略
<幹事会>(互選で会の代表である幹事会議長、副議長および監事を選ぶ)
幹事:(武蔵野三鷹)、(世田谷)、(葛飾)、(相模原)、(横浜)、(江戸たけとんぼ)の代表、(事務局)
<タスク・コミッティー(開発委員会)>上記の通り4つの委員会を設置する。
<会員>
@会員はどこかの地域グループに所属する。所属しない人は個人会員とする。
Aリーダー5人以上の地域グループは幹事団体として加入、団体年会費を払い込む。
B個人会員は、年会費を払い込む。
<事務局>
------------------------------------------------------------
U.T.に対する.意見交換を行なった。以下の意見が発言された。
・こ竹リーダー会の活動が活発に行なわれる事はよいこと。
・全面的に賛成。どんどん進めて。
・活動をする時に受け取った金額の配分が分からないのでルールがあった方が良い。
・教室開催のための経費見積もり、提案の可否、収益の配分等について基準が欲しい。
・固定的でない、柔軟性のある基準を作る。
・堀池幹事の負担を軽減し、地域グループの自主的活動を推進する。
・現状の幹事活動は働きすぎ、ダウンさせたい。
・リーダー認定のない地域グループメンバーを増やす。
・お母さんの為の竹とんぼ教室を開催する。
・教室開催時のノウハウが分からない。
・会の運営・委員会制はよい。活動展開のノウハウ等事例集を作成する。
・組織やルールを決めていくと会に柔軟性が無くなりギクシャクした経験がある。

V.議案として次の2件が採択提案されました。(番号は議案書の番号。内容は1.の通り)
(12)2007年度に決めて改善すること
(13)組織変更
挙手採択の結果、満場一致で決定されました。

以上を以て本日の総会終了いたしました。
                                     以上

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこ竹リーダー会 第一回総会・交流会参加 相模原どこ竹とんぼ会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる