ミニ門松 サンプル竹取り

大沢公民館において、12月14日(土曜日)ミニ門松制作講習会を行う。

制作の指導を「相模原どこ竹とんぼ会」が行うことになり、

本格的な竹取を前に、サンプルの竹を取りに行った。

竹やぶの近くには「やつぼ」と呼ばれる水場があり、自然あふれる場所だった。

水場の八ッ壺
 昔、相模川は深い谷をなしていて、水汲みには不便で、大島に住み着いた古代人(縄文時代)は、段丘に湧き出る清水を生活用水として利用し、八箇所有るところから、八ッ壺(やつぼ)と呼ぶようになりました。長い年月の開発で荒廃し、今湧き出ているのを見ることが出来る場所の一つとなりました。(この清水は、日々神社の御神水として知られています。)
参考:大沢公民館ホームページより

大沢公民館
http://www.sagamihara-kng.ed.jp/kouminkan/oosawa-k/


サンプル竹取り

画像

画像

画像

画像
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック